ごあいさつ

紀元前から愛され続け、飾るだけで微笑みが広がる魔法の花。
そんな、バラの幸せを届けたい。
その思いこそが、にこにこバラ園の願いです。

福島県須賀川市東部、阿武隈山系の麓、標高300mの「にこにこバラ園」では、ブルガリアのバラの谷に似ている気候と、岩盤下70mからくみ上げられる美味しい水でバラが美しく育ちます。

贈った人や貰った人の喜びを直接感じたいと思い、市場や花屋を通さないお客様への直接販売を1998年から始めました。その後、生花だけでなく、プリザーブドやドライも手掛け「幸せになるバラ」をお届けするべく、より感動を与えるバラのデザインを作り上げてきました。バラ栽培においても試行錯誤を繰り返し、ヨーグルトや蜂蜜、納豆菌などの天然の力を借りて化学農薬を使うことなしに栽培する技術を得ました。

アレンジデザイン、飾り方、栽培の仕方、そして食べ方まで、バラで幸せになるすべてをトータルして考える、NicoBaraStyle。

スタッフ一同、日々精進しております。

バラとともに、幸せに生きる。
NicoBaraStyle を提唱します。

想い

生花販売

バラの栽培も手掛け、バラだけを20年近く扱ってきましたので、バラをどうすれば日持ちさせることができるのか、バラをどう装えば、一番美しく見えるのか、たくさんの探求による経験があります。予算とどのような雰囲気の花束やアレンジメントにしたいのかをお伝えいただくと、その季節に合わせて、その目的に合わせて、お客様の希望に沿った、作品をお作りすることができます。

プリザーブドフラワー

にこにこバラ園のバラで作ったプリザーブドフラワーも使用しています。既製品にはない趣の作品もできます。にこにこバラ園の作る、プリザーブドフラワーの作品は、すべてオリジナルです。プレタポルテの作品もありますが、お花の色を変えたり、少し雰囲気を変えたりする、イージーオーダーや、お客様のご意見、ご希望を伺いながらお作りする、オートクチュールの作品まで、プイザーブドフラワーの作品作りの師範のデプロマを持っているデザイナーが丁寧に対応、制作いたします。

食品

にこにこバラ園のバラは、化学農薬無しで作られています。バラは古来より食品として食べられていたものですので、にこにこバラ園のバラを食品として、野菜のように食べていただくことができます。香りと色、食感の良いものは、コンフィチュールとして、瓶詰にして販売もしています。